スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ボランティア情報の整理について
カテゴリ: 未分類
メンバーは自分が調査したボランティア情報を初めての人が気軽に挑戦出来るように文書化します。実体験による物の方が説得力があるため、できるだけ実際に参加した活動について記事を書いていきます。
ただその団体の活動内容を詳しく書くだけでは公共のボランティアセンターで得られる情報と同じです。なので、抽象的になってしまうかもしれませんが、チーム・クリーンの参加するのに敷居を低くするという方針で、記事は主観をある程度含ませた、「人間の温かみのあるもの」にしていこうと考えています。
また、チーム・クリーン以外でもこの活動を手伝って頂ける方(活動に参加してみての感想だけなど)を募集しています。

記事の内容としては
①活動内容
②参加してみての感想
③記事を書いた人、活動に参加した人の連絡先
を重視しています。
ここで、活動に記事を書いた人または、活動に参加した人の連絡先を掲載したのは、一度参加したメンバーと連絡を取る事によって、活動に参加しやすくするためです。
以下に例を載せておきます。
ばんびの会
〈活動について〉
ばんびの会では、知的障害児・障害者に遊び、集団、経験の3本の柱を保障し、余暇活動を豊かにすることを目的としていて、毎週土曜日、日曜日の12:30~17:00に西武新宿線田無駅近辺の公園や福祉センターで活動を行っています。これは、毎週土日全部行かなくてはいけないと言う訳ではなく、参加は自由です。活動の間は、1人のメンバーにつき、1人のボランティアが付くかたちです。月2回(主に第1土曜日、第3日曜日)は通常よりも長い9:30~17:00の活動(スペシャル)を行っています。ボランティアメンバーの交通費、活動費は全額支給されます。(交通費は2000円まで)
ばんびの会には小学生から30歳代までの幅広い年齢の個性豊かなメンバーがいます。これまで知的障害児・障害者に関わる活動をしたことがない人は接し方ひとつでも戸惑うこともあるかもしれませんが、ばんびの会ではメンバーを一人の大人として接し、決して子ども扱いしないということを大切に考えています。公共の場で周りの人の迷惑になることや非常識な行動をとった場合は、それがいけないことであるとしっかりと伝えますが、ばんびの会は余暇活動を目的としていて療育や訓練の場ではないので、メンバーと対等なパートナーとして一緒に活動の時間を楽しみながら過ごすことが重要です。
メンバーの保護者の方ともコミュニケーションをしっかりとり、活動前には持ち物を確認したり、体調を確認したりし、活動後には活動中の様子、体調の報告を行います。
ボランティアは信頼関係の上で成り立っているので、楽しむだけでなく、メンバーに対しても、職員の方に対しても、責任を持ち活動に参加する気持ちが大切です。
活動後は職員の方とボランティアで反省会を行い、意見交換をすることもできます。
※初めて参加する人に対して
初めての参加の人に対しては職員の方から事前にしっかりと説明を受ける時間があり、質問にも対応していただけたり、不安や緊張を和らげるような簡単な研修があります。
〈活動に参加してみて(ハートフルで参加したメンバーの感想)〉
ボランティアで発達障害を持った人と接する事は初めてだったのですが、初めてなりにしっかりと参加させてもらえて、短い時間でたくさんの事を学びました。このばんびの会で感じたのは、喜びだったり、悲しみだったりを伝えるのはどんな人でもそれは言葉だけではなく「行動」でもあるという事です。自分が担当した方は殆ど全くしゃべらないのですが、自分が少し慣れてきて、心から笑えたその時、満面の笑みを浮かべてもらうことができました。言葉だけのコミュニケーションだけではなく、本来言葉など無くても通じ合う事ができる、そういった大切なものを感じる事ができました。何か人のためになる、だけでなく自分が日常で忘れている大切なものを気付かされる活動だと思うのでぜひ参加して下さい。質問などがあれば是非メッセージやメールを下さい。
近藤悠生(連絡先:yu.cando.it.hl.tc@gmail.com)

自分自身、障害者に関わるボランティアに特別の興味があったというわけではないのですが、参加させていただいて、短い時間の中でたくさんのことを考えさせられました。活動後の反省会では職員の方に質問させていただいたり、アドバイスをいただいたりすることができ、とても充実した時間を過ごすことができました。私のように障害者に関わるボランティアに興味がない人でも是非一度参加してみて下さい。何かのきっかけになるかもしれません。また、ばんびの会では他団体や研修などの積極的な参加を勧め、ボランティアの資質の向上を目指しています。障害者に関わるボランティアにこれまで参加したことのある人、興味のある人は、職員の方のお話もとても参考になると思います。
○○ △△(連絡先~~)
スポンサーサイト
編集 / 2009.03.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
フリーエリア
プロフィール

Author:キャンドゥ
学生清掃団体チーム・クリーンの代表をさせていただいているキャンドゥと言います。
ボランティア活動を通して、人とのつながりや人を大切にすること、大切にされることの大切さ、温かさを感じ、ボランティア活動をより多くの人に伝える活動を行っています。

名前 近藤悠生 Yu Kondo
生年月日 1989.4.16
出身地 東京
出身校 横浜市立谷本小学校→私立サレジオ学院中学校、高等学校
現在 慶應義塾大学理工学部 物理情報工学科 2年
在籍団体
・慶應義塾スポーツ愛好会テニス部(S.L.C.硬式庭球部)
・ハートフルランド学生部(1期生)
・ばんびの会ボランティアメンバー
活動経験のある団体
・CCS~世界のこどもと手をつなぐ学生の会~
・greenbird
・SVA(シャンティ国際ボランティア)
・響

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。